土壌関連機器

土壌の混合や、土砂の搬送などで弊社の製品が使われています。
その中の一例を紹介します。



汚染土壌洗浄機
投入口から投入された汚染土はパドルによって水洗撹拌されながら搬送されます。
水洗の後は、傾斜のスクリューコンベヤによって水切され排出されます。
投入から排出までを連続処理できるのが特徴です。







土砂混合機
投入された土壌・土砂を連続的に混合・混練することが出来ます。
土壌の改質や添加剤を混ぜ合わせる用途で多く使用されています。
用途、混合度合いに合わせて、羽根形状や機長を設定し、
要求させた性能が出るよう設計致します。





土壌切出機
ホッパに投入された土砂を切出します。
ホッパ内が充満していれば、ほぼ定量に近い状態で切出すことも可能です。
1軸のものから、多軸の大容量機までホッパ付きで製作可能です。
容量や土砂の性状、使用環境に合わせご提案・設計致します。
(貯留・検量切出機のページもご参照ください)




土壌冷却加湿装置
高温の土壌を冷却し加湿する目的で使用されます。
蒸気や粉じんを回収し、連続搬送しながら500℃以上の温度から100℃以下まで冷却可能です。
高温の投入物を考慮した耐熱構造にて設計・製作致します。






土砂搬送機(リボンスクリュー)
トンネル掘削などで使用されるシールド機からの土砂排出に使用されます。
片持ち構造のリボンスクリューを使用し、土砂だけでなく径の大きい礫も噛み込むことなく搬送可能です。





上記の用途以外でもお客様のご要望により、企画提案させて頂きます。
また、実機製作前にサンプルにより実験搬送を行い、搬送物の性状を確認することも可能です。
土壌関連機器での御要望や不明点がございましたら、お気軽に弊社までお問い合わせください。